Google App Engine 1.4.1リリース

土曜日, 1月 8th, 2011 by

Version 1.4.1が、2011年1月5日にリリースされていました。変更点は以下のとおりです。データストア関連の機能追加と不具合修正が行われているようです。この修正は、Python環境に対して適用されています。

アプリケーション作成時に、Datastoreを、ハイレプリケーション(High Replication)タイプとマスタスレーブ(Master/Slave)タイプから選択できるようになりました。
http://code.google.com/appengine/docs/python/datastore/hr/#Selecting_a_Datastore

管理コンソール上でのDatastoreを読み出し専用に設定できるようになりました。読み出し専用に設定したデータストアの値を変更しようとするとCapabilityDisabledErrorが発生します。この機能は、アプリケーション間のデータ移行時に活用できます。
http://code.google.com/appengine/docs/adminconsole/applicationsettings.html#Disable_Datastore_Writes

Datastore管理ツールで、アプリケーションをまたいだデータの複製をできるようになりました。複製先のアプリケーションは「Remote API」が有効化されていなければなりません。
http://code.google.com/appengine/docs/adminconsole/datastoreadmin.html

URL Fetch API リクエストのタイムアウトまでの時間が、最大で10分まで延長されました。デフォルト値は変更されていません。

Datastoreクエリ実行時に、たまにAttributeErrorが発生する問題を修正しました。
http://code.google.com/p/googleappengine/issues/detail?id=4196

公式リリースノート(英語)
http://code.google.com/p/googleappengine/wiki/SdkReleaseNotes

Facebook comments:

comments

Leave a Reply


Get Adobe Flash player
single