GAE/Python ロードマップ



AppEngineチームが開発中の機能です。これらの大半は6ヶ月以内にリリースされる見込みです。

  • 独自ドメインでSSLを実装
     現状のAppEngineでは、デフォルトのドメイン***.appspot.comを使っている場合しかSSLを利用できない。つまり独自ドメインを設定した場合はSSL無しでの運用しかできない。これは、商用サイトを構築する上で重大な問題になっている。
  • Datastoreに全文検索を実装
     現状のAppEngineでは、DataStoreの文字列型データは完全一致でしかフィルタリングできない。
  • Python2.7のサポート
    2.5との互換性は不完全なので(2.5向けの記述が2.7で動かなくなる場合がある)、2.5と2.7で切り替えて使えるようになるのだと予想される。
  • バックグラウンド処理のタイムアウトを30秒以上に延長
  • 複数のデータセットに対するMapReduceに対応
  • DataStore/一括でのデータのインポートとエクスポート出来るようにする。(管理コンソール)
  • アプリケーション運用状態の、モニタリングとアラート通知の強化
  • サイズとストレージの制限を緩和するために、ロギングシステムを改良
  • HTTPリクエストサイズとレスポンスサイズの上限を緩和
  • GoogleStorageとの統合
  • Blobstoreのデータをプログラムで生成できるようにする。
  • ChannelAPIの、資源割り当て量(Quota)と、presenceを改善
  • 情報源: http://code.google.com/intl/ja/appengine/docs/roadmap.html


    Facebook comments:

    comments

    Leave a Reply


    Get Adobe Flash player