基本型



Pythonには基本的な型として、数値、bool、文字列があります。type() を使うと変数の型を確認できます。

数値

数値を表す型には、整数型 、 長整数型 、浮動小数点型 、複素数型の4つがあります。

整数型

普通の整数。int型のこと。整数÷整数を実行すると、必ず整数になるので注意すること。

1
2
3
4
5
6
>>> type(1)
<type 'int'> #1はint型
>>> 3/2
1 #1.5ではなく1になることに注意
>>> type(3/2)
<type 'int'>

長整数型

計算結果が、整数型(-2,147,483,648~2,147,483,647)の範囲を超えると、自動的に長整数型にキャスト(変換)されます。
※Windows環境では、64bitOS上で、64bit版のpythonを使っていても、intは32bitの値になります。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
>>> 100
100
>>> 100**2
10000
>>> 100**3
1000000
>>> 100**4
100000000
>>> 100**5
10000000000L #整数型の範囲を超えたので長変数型にキャストされた
>>> 100**5/100
100000000L #範囲内に収まっても整数型には戻らない
>>> int(100**5/100)
100000000 #int関数を使うと整数型に戻る

浮動小数点型

整数だけでなく小数も表せる型。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
>>> 1.1
1.1000000000000001 #誤差が発生
>>> type(1.1)
<type 'float'>
>>> int(1.1) #floatをintにキャスト
1
>>> int(1.9) #四捨五入ではなく切り捨て
1
>>> 3/2 #整数同士の割り算
1
>>> float(2) #intをfloatにキャスト
2.0
>>> 3/float(2) #片方でもFloatの場合、結果はFloat
1.5
>>> 3/2.0
1.5

真偽値(bool)

真偽値とは、真または偽を表す値のこと。条件分岐やループの条件判定などに使う。

1
2
3
4
5
6
7
8
>>> True
True
>>> False
False
>>> True and False #論理積
False
>>> True or False #
True

文字列

文字列には、通常の文字列と、Unicode文字列があります。

通常の文字列

シングルクオーテーションもしくはダブルクオーテーションで囲むと通常の文字列を作成できます。この方法は短い文字列に適しています。オーテーション3個で囲むと、複数行の文字列を作成できます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
>>> print '通常の文字列'
通常の文字列
>>> print "通常の文字列"
通常の文字列
>>> print """通常の文字列
... 複数行に対応しています"""

通常の文字列
複数行に対応しています
>>> print '''通常の文字列
... 複数行に対応しています'''

通常の文字列
複数行に対応しています

Unicode文字列

文字列の前にuを付けるとUnicode文字列を作成できます。

1
2
3
4
5
6
7
8
>>> print u"ユニコード"
ユニコード
>>> print u'ユニコード'
ユニコード
>>> print u"""ユニコード"""
ユニコード
>>> print u'''ユニコード'''
ユニコード

型の判定

type関数を使うと、どちらの文字列型なのか簡単に識別できます。

1
2
3
4
>>> type("ユニコード")
<type 'str'>
>>> type(u"ユニコード")
<type 'unicode'>

改定履歴

  • 2010年12月12日 作成
  • 2011年02月16日 校正

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • LinkedIn
  • StumbleUpon
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS

Facebook comments:

comments

目次

Leave a Reply


Get Adobe Flash player