Tags » ‘最適化’

Memcachedで負荷が3分の1/GAE無料枠で1日200万PV

3月 1st, 2011 by

GAE/PythonのアプリにMemcached組み込んだら、CPU負荷が3分の1になった。

GAEは宇宙最強のデータセンタで動いてる。なら、負荷なんて気にしなくていい。お金さえあればね。ってことで、お金払いたくないので最適化しました。数行の変更で、性能3倍以上になっちゃいましたよ!!!!

最適化対象

ブログに埋め込むパーツです。シンプルですが、とあるまとめサイトに埋めたところ、1日数万リクエストがありました。Memcachedを使わなくても、1日50万PV程度は大丈夫だったのですが、最適化してみました。

スクリーンショット

スクリーンショット

Memcached導入による負荷の変化

赤い線がAPIが使ったCPU時間、青い線が全体のCPU時間です。Memcachedを組み込んだとたん、CPU使用量が3分の1になりました。特に、APIのCPU使用量は劇的に減っています。

無料利用分でどれだけつかえるの?

超過しそうなリソースはCPU時間とOutboundの転送量。それぞれ1リクエスト当たり10msと400byteです。

CPU無料枠
6.5時間/10ms = 234万PV

Outbound転送無料枠
1GB/400byte = 250万PV

これなら、1日200万PVは余裕ですね。

Memcached組み込み後のソースコード

※Memcachedを組み込む際には、元のデータの更新にあわせて、Memcachedのキャッシュをクリア(もしくは新しい値を上書き)すること。さもないと古いデータが表示され続けます。

データ読み取り処理(quickGet)
 Memcachedにデータがあるか確認します。あれば使います。なければ、DataStoreから取得しMemcachedに保存します。

データ書き換え処理(18行目)
 DataStoreに保存したデータと同じものをMemcachedに保存します。

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • LinkedIn
  • StumbleUpon
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS

xrangeで高速化

1月 12th, 2011 by

実行速度(改)で、最適化をし尽くしたつもりが、早速 mohayonao@hatena さんから、改善案をいただきました。rangeではなく、xrangeを使うとより高速化するとのこと。早速書き換えてみ.... Read more


Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • LinkedIn
  • StumbleUpon
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS

Get Adobe Flash player