Tags » ‘サービス’

記事の末尾に「いい」「だめ」ボタンをつけました。

3月 1st, 2011 by

世間ではFacebookなどの「いいね」ボタンがすごく注目されていますが、敢えて、「いい」「だめ」ぼたんを自分で実装してみました。

何ができるの?

個別記事に以下のソースを埋めてると「いい」「だめ」ボタンが表示されます。いいの数のランキングも見れます。
※site=の後ろのxxxxを自分を識別するコードに書き換えてください。英数で適当に・・

1
2
<script>window.onload = function(){ document.getElementById("like_dislike").src="http://like-or-dislike.appspot.com/?site=xxxx&title="+encodeURI(document.title)}</script>
<iframe id="like_dislike" style="border:none;background-color:#fff;width:180px;height:30px"></iframe>

このブログランキングは以下のアドレスで確認できます。
http://like-or-dislike.appspot.com/?site=001

何でつくったの?

なんでつくったんだろうね。理由あげるとすると、こんなところかな。

  • いいね、だけじゃなくて、だめボタンをつけたかったから。
  • 単に実装してみたかった
  • サイト内のランキングを表示したかった
  • 外部サービスに依存したくなかった
  • 改良予定

    OAuthでログインして、自分専用のコードを発行できるようにする予定です。

    ソースコード

    おやくそくのソースコードです。まだバージョン管理してません。明日、Githubに登録するよていです。

    Share and Enjoy

    • Facebook
    • Twitter
    • Delicious
    • LinkedIn
    • StumbleUpon
    • Add to favorites
    • Email
    • RSS

    URL短縮君が攻撃された

    2月 15th, 2011 by

    URL短縮君のAPIを公開したところ、早速9000回を超える攻撃リクエストを受けました。 匿名で利用できるVPNサービスを使ってのアクセスだったようですが、司法機関が動くと普通に身元割れてしまうのでご.... Read more


    Share and Enjoy

    • Facebook
    • Twitter
    • Delicious
    • LinkedIn
    • StumbleUpon
    • Add to favorites
    • Email
    • RSS

    CSV2Tableパワーアップ

    2月 5th, 2011 by

    今日は、CSV2Tableをパワーアップの改良作業を行いました。追加した機能は以下の通りです。 ラベル位置選択 1行目、1列目、1行目+1列目、ラベルなし、の4通りから選択できるようになりました。 .... Read more


    Share and Enjoy

    • Facebook
    • Twitter
    • Delicious
    • LinkedIn
    • StumbleUpon
    • Add to favorites
    • Email
    • RSS

    CSV2Table

    2月 3rd, 2011 by

    CSV(TSV)から、HTMLテーブルに変換するサービスを作りました。デザイン調整などまだできていないので、かっこ悪いのですが、動作自体は安定していると思います。お約束のソースコードは記事の末尾に添付してます。

    サービスの使い方

    一番上のテキストエリアに、CSV(カンマ区切りデータ)もしくは、TSV(タブ区切りデータ)を入力して変換ボタンをクリックしてください。HTMLテーブルのプレビューと、そのソースコードが表示されます。CSVなのか、TSVなのかは、自動判別されます。

    スクリーンショット

    以下の画像をクリックすると、サービスのURLにジャンプします。

    csv2table

    csv2table

    ソースコード

    Share and Enjoy

    • Facebook
    • Twitter
    • Delicious
    • LinkedIn
    • StumbleUpon
    • Add to favorites
    • Email
    • RSS

    URL短縮サービス作りました

    1月 29th, 2011 by

    以前作成していたURL短縮サービスを、大幅改造しました。改良したのは以下の3点です。

    • 独自ドメインの設定
      ドメインが[APPLICATION_NAME].appspot.comでは短縮後のURLが長すぎるので、独自ドメインを設定しました。
    • 例外処理の追加
      正しいURLが入力されていない場合にサーバの投げる例外ではなく、適切なメッセージを表示するようにしました。
    • デザインの適用
      簡単なデザインをつけました。前回と比べればはるかに使いやすくなったはずです。

    スクリーンショット

    こんな感じになりました。スクリーンショットをクリックすると、サービスのURLに移動します。

    GAE/Pythonで作るメリット

    GAEで運用すれば、サーバのメンテナンスをしなくて良い。個人で提供するサービスで、正直、サーバの面倒までみている暇はありません。またPythonを使うと、メンテナンス性の高い短いソースコードでサービスを開発できます。大規模プロジェクトであれば、きっちり設計して、Javaなどのコンパイル言語をつかったほうが高速で安定したサービスを開発できるとは思いますが、個人でサービスを作成するなら、開発効率の高いPythonが楽だとおもいます。

    ソースコード

    いつものお約束。ソースコード全文公開です。今回は、メインのpyファイルのほかに、yamlファイルとCSSファイルも掲載します。メインのプログラムは、デザイン部分やらGoogleAnalyticsのロギングコードまで含めて90行を切っています。短いです。

    Share and Enjoy

    • Facebook
    • Twitter
    • Delicious
    • LinkedIn
    • StumbleUpon
    • Add to favorites
    • Email
    • RSS

    HTML Encode/Decode

    12月 15th, 2010 by

    HTMLをエンコード/デコードサービスを公開しました。 HTML Encoder/Decoder 非常にシンプルなサービスですが、pythonで作成した初の実用アプリです。アプリIDの取得から、コーデ.... Read more


    Share and Enjoy

    • Facebook
    • Twitter
    • Delicious
    • LinkedIn
    • StumbleUpon
    • Add to favorites
    • Email
    • RSS

    Get Adobe Flash player