Pythonの勉強を始めて2週間が経過

水曜日, 1月 12th, 2011 by

 年末年始の5連休、成人式までの3連休など、比較的時間のとりやすい期間だったとはいえ、この2週間でずいぶんPythonのことを理解できてきたとおもう。特に、昨日、今日の、実行速度についての記事を通して、Pythonは「実用的な実行速度」と「ソースコードの可読性」を高いレベルで実現していることを思い知らされた。
 もちろん、数値解析を行うのであれば、コンパイル型の言語を使ったほうが速いだろう。だが、ボトルネックになる処理はごく一部なのだから、その部分だけCなどで作成し、データの入出力などはPythonで実装するのがよいと思う。GoogleAppEngineでのWebアプリケーション開発を目的としているので、昨日、今日とやってきたベンチマークはほとんど役に立たないが、頭の片隅に残しておこうとおもう。

I have been studying Python for about two weeks. I have learned basics of Python so far. I was impressed how Python balance readability and processing speed. It is quite easy to read and fast enough to deal with problems in almost any situation.
Of course, in some cases, like statistical analysis or kind of simulation, we had better use compiling language like C. But the bottleneck is limited, only a very small part of the whole program should be written in native languages. We can make interface program by Python and then we can concentrate on the problem itself.
I want to develop web application so this kind of benchmarking is not important. But it is better to know at least.

Facebook comments:

comments

Leave a Reply


Get Adobe Flash player
single