Amazon Linuxでタイムゾーンを設定する方法

1行目のコマンドでタイムゾーンは設定できるが、glibcがアップデートされると、このファイルは上書きされてしまいます。2行目と3行目で、/etc/sysconfig/clock のタイムゾーンを日本時間にしておくことで、glibcがアップデートされても日本時間のままで動作します。

ln -sf /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime
echo 'ZONE="Asia/Tokyo"' > /etc/sysconfig/clock
echo 'UTC=true' >> /etc/sysconfig/clock

※おそらくCentOSやRHELでも動作しますが、動作検証は行っておりません。
※上記コマンドはrootで実行してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *