「UIImage」カテゴリーアーカイブ

UIViewに影をつける


UIViewに影をつけると、立体感のある素敵なユーザインターフェースを実現できます。

1. QuartzCore/QuartzCore.hをインポート

#import <QuartzCore/QuartzCore.h>

2. 影の濃さと位置を指定します。

view.layer.shadowOpacity = 0.2; // 濃さを指定
view.layer.shadowOffset = CGSizeMake(10.0, 10.0); // 影までの距離を指定

ヒント:
setTransformで回転させたりした場合、影も回転してしまいます。スクリーンショットに掲載しているアプリの時針・分針・秒針は、少しずらした位置に別のUIViewを影っぽい色で表示しています。

iOS5 TwitterAPIで画像を添付して発言する


iOS5で実装されたTwitterAPIを使って発言する際に画像を添付する方法です。この方法を使って画像を添付した場合、ユーザは添付ファイルを外すことができないのでご注意下さい。また、addImageというメソッド名になっていますが、最初に設定した画像のみが送信され、2番目以降にaddImageした画像は無視されます。

1. Twitter.frameworkをライブラリに追加し、<Twitter/Twitter.h>をインポートします。

#import <Twitter/Twitter.h>

2. TWTweetComposeViewControllerを初期化し、イメージを追加し、モーダルウィンドウとして表示します。

TWTweetComposeViewController * twitterCtl = [[TWTweetComposeViewController alloc] init];
UIImage * image = [UIImage imageNamed:@"image.png"];
[twitterCtl addImage:image];
[self.window.rootViewController presentModalViewController:twitterCtl animated:YES];

スクリーンショット

UIViewの画像をUIImageに変換


UIViewで表示しているイメージをUIImageを作る方法です。を忘れずにインポートして下さい。

#import <QuartzCore/QuartzCore.h>

- (UIImage*)CreateUIImageFromUIView:(UIView*)view
{
    UIGraphicsBeginImageContext(view.bounds.size);
    CGContextScaleCTM(UIGraphicsGetCurrentContext(), 1.0f, 1.0f );
    [view.layer renderInContext:UIGraphicsGetCurrentContext()];
    UIImage* viewImage = UIGraphicsGetImageFromCurrentImageContext();
    UIGraphicsEndImageContext();
    return viewImage;
}

参考
UIVIEWからUIIMAGE データを作成する方法