「Apportable」カテゴリーアーカイブ

Cocos2d-x vs Cocos2d+Apportable


Cocos2d-xは、iPhone、Android、コンシューマゲーム機、PC、Macなど数多くのデバイスに対応した、ゲーム開発フレームワークです。それに対して、Cocos2dは、iPhone, iPad, Macに特化したフレームワークです。今後のマルチデバイス対応を考えると、Cocos2d-xを使うべきなのかなと思い、それぞれを軽くつかってみたのですが、Cocos2d-xではプロジェクトのビルドにかかる時間が長かったり、開発言語がC++であったりと(Objective-Cやcの経験はそれなりにありますが、C++は10年近くブランクがあります)、あまり効率的に開発できそうにありませんでした。対してCocos2dは、慣れ親しんでいるObjective-cを使え、ビルドも早く(簡単なプロジェクトであれば数秒で動きました)SpriteBuilderとの連携も快適で、かなり好印象でした。Androidがメインであれば、Cocos2d-xの方が良さそうですが、iPhoneをメインに開発し、それがAndroidでも動けばよい。といった感じの開発になりそうなので、Cocos2d-xより、Cocos2d+Apportableでの開発が良さそうです。

以下のチュートリアルをやってみましたが、1週間ではなく、1時間で動くところまで作れました。すごくよいチュートリアルでしたよ!
[1: インストール] cocos2d-iPhoneとSpriteBuilderでゲームを1週間で作ろう