iPhoneアプリにAdMob【プロジェクト付】


無料アプリを収益化するには広告を掲載するのが手っ取り早いです。ということで、iAdを設定してみたのですが、安定して広告が配信されません。Appleの公式サンプルも正常に動作していません。iAdはiOS4以降でしか使えないし、OSのバージョンによって設定を替える必要もあり手間がかかります。そこで、今回は、AdMobを使ってみました。

AdMobとは

AdMob は世界最大のモバイル広告ネットワークです。2006年に設立された会社ですが、今はGoogleの傘下にあるようです。Adwordsの広告を表示することもでき、表示する広告がない、なんて事態は皆無です。iAdと違い、Androidに配信できたり、ブログなどWebサイトに配信できるのも特徴です。

メリット

組み込みも簡単で、iOSのバージョン間の互換性も気にしなくていい、その上、広告配信が安定しているということなしです。初めて使いましたが、30分ほどで組み込みできちゃいました。はっきりいってiAdより簡単です。

リリース前でも実際の広告で確認できる

iAdでは、開発中にサンプルの広告しか表示されないのに対し、AdMobでは開発中でも実際の広告が表示されます。アプリをリリースして、広告配信が始まるまで実際の広告が分からないiAdと比べて、広告を確認しながら開発を進められるので、安心感があります。

1. 組み込みが簡単

モジュールをダウンロードしてプロジェクトに追加し、広告表示用のソースコードを貼り付けるだけです。iAdはdelegateを使った処理の記述が必要ですが、AdMobは一塊のソースコードを追加するだけなので、初心者でも手軽に追加できます。

2. iAdより安定して配信されている(きがする)

iAdの使い方を間違ってるからかもしれないので安定性については明言できませんが、AdMobはiAdより安定している感じがします。AdMobの広告モジュールでは、AdMobが抱えている広告以外に、Adsenseからの広告を配信することもできるので、広告主が不足することは珍しいのではないでしょうか。

3. iOSのバージョンへの依存性が小さい

iAdはiOS4の目玉機能でした。そのため、iOS3系以前の環境では動作しません。また、iOS4.2以降で設定の値が変更されているなど、iOSのバージョンによって動作がかなり異なるため、OSのバージョンを判定するような実装が必要になります。その点、AdMobであれば、iOS3以降であればどのバージョンでもOKなので、OSのバージョンを気にせず組み込めます。

AdMobの説明文

============================
Google AdMob Ads SDK for iOS
============================

This is the Google AdMob Ads SDK for iOS.

Requirements:
- An AdMob site ID, AdSense client ID, or DoubleClick for Publishers account
- Xcode 4.2 or later.
- Runtime of iOS 3.0 or later.

The latest documentation and code samples are available at:
http://code.google.com/mobile/ads/docs/ios

デメリット

とはいえ、デメリットもあります。

1. AppleがAdmobを禁止する可能性

AdMobの広告配信によって収益を上げるアプリを無料で公開されると、Appleとしては何も旨みがありません。iAd以外の広告は一切認めない、という判断がくだされる可能性もあります。ただし、すでに膨大な数のアプリがAdMobを搭載しています。そのすべてをAppStoreから締め出すのは現実的だとは思えません。

AdMob組み込みまでの流れ

1. アカウント取得

殆どの方は、AdMobでアカウントを作る必要はありません。Googleのアカウントでログインできます。Adsenseを利用している方は、同じアカウントを使うと便利そうです。

2. アプリケーションの追加

サイト及びアプリケーションで、iPhone(iPad)アプリケーションを追加します。App名、ジャンル、Appの説明などは必須項目ですが、App Store URLはオプションなので、リリース前のアプリの登録も問題なく行えます。

3. AdMob iOS SDKをダウンロード

アプリケーションを追加すると、SDKのダウンロード画面が表示されるので、ダウンロードします。

4. アプリに組み込み

詳細は以下のサイトを御覧ください。(英文)
http://code.google.com/intl/ja/mobile/ads/docs/ios/fundamentals.html

英語が苦手な方に簡単に説明すると、以下のような流れになります。iOS5系でARCを有効にしている場合は、deallocやreleaseは不要なのでご注意下さい。

  1. 「Add Files to プロジェクト名」メニューで、SDKの.hと.aファイルをプロジェクトに追加する。
  2. 「AudioToolbox」「MessageUI」「SystemConfiguration」「CoreGraphics」の4つのフレームワークをライブラリに追加する。
  3. viewControllerのヘッダーにインポート文”#import “GADBannerView.h”と、インスタンス変数”GADBannerView *bannerView_;”を追加する。
  4. viewControllerのボディーでバナーを生成・表示する。
      // Create a view of the standard size at the bottom of the screen.
      bannerView_ = [[GADBannerView alloc]
                       initWithFrame:CGRectMake(0.0,
                                                self.view.frame.size.height -
                                                GAD_SIZE_320x50.height,
                                                GAD_SIZE_320x50.width,
                                                GAD_SIZE_320x50.height)];

      // Specify the ad's "unit identifier." This is your AdMob Publisher ID.
      bannerView_.adUnitID = MY_BANNER_UNIT_ID;

      // Let the runtime know which UIViewController to restore after taking
      // the user wherever the ad goes and add it to the view hierarchy.
      bannerView_.rootViewController = self;
      [self.view addSubview:bannerView_];

      // Initiate a generic request to load it with an ad.
      [bannerView_ loadRequest:[GADRequest request]];
  5. MY_BANNER_UNIT_IDの値をdefineする。
    #define MY_BANNER_UNIT_ID @”a14edvf1es4c5fd”//こんな感じ
    a14edvf1es4c5fdの部分は、AdMobの管理サイトからコピペして下さい。

サンプルプロジェクト

英語読むの面倒だし、このサイトの説明じゃわからない。そんな方はプロジェクトのために、AdMobを組み込んだiPhoneアプリのプロジェクトをまるごと公開致します。時計アプリにAdMobを組み込んだものです。AdMobを組み込む前の古いバージョンは公開中です。iAdを組み込んだつもりが正常に動作せず、まったく収益が上がりません。(そもそもダウンロード数が皆無なんですが・・・)今週中にもAdMobを組み込んだバージョンを申請する予定です。

ダウンロード: Clock
注意: iOS5.0以降向けです。ARC使ってます。最新の開発環境をご利用下さい。

AppStore: WeekdayClock
 2011年12月7日時点では、AdMobを組み込む前のバージョンを公開しています。(iAd動作不良版)

スクリーンショット

サンプルプロジェクトのスクリーンショットです。シミュレータが英語環境なのか英語の広告ばかりでてますが、実機では日本語の広告がバッチリ表示されています。モバゲーとか多いですね。GoogleAdwordsの広告も表示されました。

まとめ

iPhone向けの広告配信プラットフォームの代表格としてiAdがあるのは間違いないですが、iAdも完璧ではありません。ちょっとした手間で組み込めるAdMobも一度使ってみてはいかがでしょうか?

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です