WebViewでWebページを開く方法


WebViewで開く対象は以下の3種類ある。

  • Web上のコンテンツ
  • アプリ内の静的なファイル
  • アプリで動的に作成したデータ

インターネット上のWebページを開く

マニュアルや製品情報サイトを表示する場合に使えそうです。

[webView loadRequest:
    [[NSURLRequest alloc] initWithURL:
        [NSURL URLWithString:@"http://www.yahoo.co.jp"]]];

アプリ内の静的なファイルを開く

マニュアルをHTMLで作成した場合に便利。ディレクトリ階層のあるコンテンツをインポートするときは、フォルダ階層を維持してインポートしないとリンクが切れるので注意。”Create folder references for any added folders”を選べばよい。

[webView loadRequest:
    [NSURLRequest requestWithURL:
        [NSURL fileURLWithPath:
            [[NSBundle mainBundle] pathForResource:@"api" ofType:@"html"]]]];

表示内容をObjective-Cで指定する

表示内容を動的に変化させる場合に便利です。baseURLはHTML内で相対パス指定を行ったときに計算元として使われるPathです。

[webView loadHTMLString:@"<h1>Hello</h1>" baseURL:nil];

↓参考になります
UIWebViewでloadHTMLStringするときの要点まとめ

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です